コンテンツにスキップ

プーケットでやってはいけない 13 のこと

プーケットで避けるべきこと

どの国でもそうですが、誰もが尊重すべきやるべきでないことがいくつかあり、また、行ってはいけないことがいくつかあります。 プーケット。些細でカジュアルなものもあります。中には重大な問題が発生する可能性のあるものもあります。タイに詳しい人なら、おそらく知られていないルールも含めて、それらのルールを知っており、尊重しているでしょう。それらの多くは非常に明白で常識的なことのように思えます。それらについて言及する必要さえありません。それでも、人々が自国の外では、自分たちでは決して考えられないことを行うことがよくあることはよく知られています。そのため、以下にリストされている規則について知っていて、すでにそれらを尊重しているのであれば、よくやったと言えます。そうでない場合は、考えた方がよいかもしれません。

また、それも付け加えておきます パトン タイの他の地域とは違います 🙂 島の他の地域に比べて少しおおらかな雰囲気ですが、パトンの外に出ると人々が眉をひそめるかもしれません。

1. 王室を軽視しないでください

タイ王室

タイでは王室は非常に尊敬されており、軽蔑の兆候は何らかの影響を与える可能性があります。休暇中に、この敬意の深さに驚くかもしれません。映画館で国歌が流れ始めると、映画の前で全員が立ち上がります。 1 分ほどですので、心配しないでください。立ってください。で バンコク、チェンマイではさらにそうですが、午前8時と午後6時に街頭で国歌が流れます。絶対に誰もが一瞬で固まってしまいます(こうやって観光客を見つけます。困惑した表情を浮かべながら動き続ける観光客です)

2. 寺院や人の家の中で靴を履かないでください

寺院の靴

靴を外に放置することはよく知られており、家やお寺の前に大量の靴が捨てられているのを見たことがあるので、おそらくすでにご存知でしょう。考えてみれば、外の汚れを家の中に持ち込まないのは非常に理にかなっています。特にタイでは人々が床に座ったり、床で食事をしたりする傾向があるためです。もし、あんたが タイに十分長く滞在する、あなたも母国に戻ってそれを始めるかもしれません!

現在、ほとんどの店舗やオフィスでは靴を脱ぐ必要はありませんが、10 年前には、一部のオフィスに入るために靴を脱ぐことは珍しいことではありませんでした。迷ったら、店の前を見てください。靴がある場合は、それをするか、尋ねてください 🙂

3. 経験も免許も無いのにバイクに乗ってはいけません

プーケットのバイク運転免許証

ここではモペットと呼ばれる「バイク」の運転は、楽しくて安く、驚くほど自由にプーケットを探索できます。ただし、ここでの運転には新たな課題とリスクが伴います。ここでは、あなたの国の交通規則のほとんどが適用されません。道路は危険な場合もあります。また、自転車に乗ってホテルに戻る前に、飲みすぎたことに気づかない人が多すぎます。また、お店では自国の運転免許証が使えますが、警察の取締りや事故に備えて国際運転免許証が必要です!

続きを読む

4. 保護された野生動物と一緒にセルフィーを撮らない

保護された野生生物の写真

「ああ、彼らはとてもキュートで、『長靴をはいた猫』と同じくらい悲しげに見えます!あのスローロリス (写真) か、あのかわいいテナガザルか、あの奇妙な見た目のイグアナと一緒にセルフィーを撮らなければなりません!」ただやめてください。これらは絶滅危惧種であり、お金のために写真を撮ろうと誘う人々は非常に違法なことを行っています。この写真を撮るということは、あなたも違法なことをしていることになり、取引を促進し、この種にとって事態をさらに悪化させていることになります。賢くあれ。

5. 象には乗らないでください

プーケットエレファントトレッキング

「では、なぜプーケットにはこんなにたくさんの象がトレッキングしているのですか?」と言う人もいるかもしれません。数年前にはカジュアルな娯楽と考えられていたものは徐々に変化しており、象に乗ることは現在では動物虐待とみなされています。ゾウは尊敬される知的な動物ですが、ゾウに乗るとストレスが生じます。幸いなことに、新しい傾向は、保護施設やリハビリテーションキャンプを訪問することです(ツリー トップス エレファント保護区)、ゾウに餌をあげて、水や泥の中で一人で遊ぶ様子を見てみましょう。動物園、イルカのショーなど、他の動物の展示にも同じことが当てはまります。 タイガーキングダム。それらを避けるのが最善です。

6. 仏像を国外に持ち出さないでください

タイで仏像を買う

数年前までは、 仏像、彫像、彫刻、さらに悪いことに、スパイク上の仏頭。これらは宗教的な品物であり、装飾品ではありません。全国的なキャンペーンにより旅行者にこの倫理について教育することができ、状況は改善されつつあります。しかし、今でもお店では、その魅力的な金色や優雅な彫刻が施された石の製品が販売されており、常にそれを購入する人もいます。登録されていない場合、空港で荷物の中に仏像や仏像が見つかった場合、当局はその仏像や仏像を没収する可能性があります。

7. 魚に餌をあげないでください!

プーケットでは魚に餌をあげてはいけない

プーケット近郊の島で泳いでいると、色とりどりの魚の群れに囲まれることがよくあります。魚に餌をやるのは、魚がとてもお腹が空いて、あなたが取っておいたトースト(またはバナナ!)を食べたがっているように見えるので、良いしぐさのようです。しかし、その単純な行動の先には、最初は目に見えない生態学的影響があります。魚の行動は変化し、生き残るために人間に依存し、下のサンゴを浄化しなくなり、サンゴは死滅し始めます。パンにはイースト菌が含まれており、これも便秘を引き起こし、頻繁に魚を殺します。保護地域では違法であり、100,000年の懲役またはXNUMX万タイバーツの罰金が科せられる可能性があります。ですから、餌を与えたり、サンゴの上に立ったりしないでください。

8. サンゴや貝殻を集めて持ち帰らないでください。

shell

拾わないでください!見た目は大したものではなく、お土産にもなりますが、貝殻やサンゴは保護されており、持ち帰ることはできません。最終的には、お店で購入できるようになります ジャンクセイロン そして、あなたが拾っていないことを証明するためにバッグの中に入れておきますが、この点を明確にする必要があります。

9. 訪問しないでください 寺院 短い服で

寺院のドレスアップコード

寺院は非常に尊敬されている宗教的な場所であり、教会やモスクに入るには適切な服装をするのが常識のようです。少なくとも、そう考えるだろう。残念なことに、ノースリーブのシャツや露出度の高いスカートを着て何気なく入ってくる人を見かけることは珍しいことではありません。袖のあるTシャツ以上、膝までのスカートまたは半ズボンを着用し、帽子やキャップは脱いでください。この服装規定は、次のようないくつかの寺院でのみ施行されます。 バンコクの王宮, しかし理論的には、タイのすべての寺院に同じことが当てはまります。僧侶は寺院の敷地内に住んでいますので、ある程度の敬意と礼儀を持ってください。

10. 僧侶に触れないでください

僧

僧侶には触れない方が良いですよ。奇妙に聞こえるかもしれませんが、昔からそうなので、道で僧侶を見かけたら必ず道を譲りましょう。僧侶はとても尊敬されています。人々は脇に下がります、そしてあなたもそうすべきです。

11. 誰かに足を向けないでください

足1

それほど大したことではないように見えますが、足は体の最も低い部分であり、地面の土に触れているため、意図的に誰かに足を向けることは失礼であり、場合によっては侮辱とさえみなされます。タイ人は一般に友好的で、対立的ではありません。誰も目の前の席から足を外せとは言いませんが、それをすると眉をひそめるでしょう。

12. プーケットタウンをシャツなしで歩かないでください

オートバイ

海岸沿いの町に住んでいなければ、故郷の街をTシャツなしで歩きますか?おそらくそうはしないでしょう。(ただ単にそうする人もいるでしょうが)。ここでも同じです。パトンやプーケットの他の観光地では大丈夫ですが、内陸部や プーケットタウン自転車に乗るとさらにひどいことになります。確かに、トップレスで運転するとリラックスした気分になりますが、道路で転倒すると「ひどく痛い」気分になります。とにかく、たとえ素晴らしい体を持っていたとしても、見ていて気持ちの良いものではありません。

13. 水道水を飲まない

プーケットの水道水は飲めますか?

ほとんどの人はとにかく蛇口から水を飲むことはないでしょうが、多くの人がよく尋ねる質問が浮かび上がります。レストランのピッチャーから水を飲んでもいいですか?氷を入れた水を飲んでも安全ですか?はい、大丈夫です!レストランの氷と水は常に濾過水と朝に届けられた氷から作られていますが、蛇口から水を飲むのは避けたほうがよいでしょう!

も参照してください。

初めてのプーケット旅行で犯す 12 の間違い!

プーケットに関する 10 の最大の誤解

プーケットへの旅行を計画するのに役立つ 17 のヒント – 初めてのプーケット!

プーケットに関する 10 の最大の誤解

4.5 / 5-(60票)
ウィリー・トゥアン

私はずっと昔にフランスで生まれ、1994 年にプーケットに定住するまで早くから世界を旅し始めました。過去 30 年間、写真への情熱と好奇心が私をプーケット、バンコクの隅々まで、そして世界中のどこへでも連れて行きました。タイに行けるかもしれない。私の目標は、プーケット 101 を誰にとってもできるだけ簡単に利用できるようにすることで、旅行者の休暇の計画に役立つ私の発見、写真、ヒントを共有することです。