コンテンツにスキップ

プーケットで買う必要のなかった愚かなもの 10 選


プーケットで買ったら二度と使わないもの


休日はいつもとても楽しいもので、ショッピングもその一部です。海外旅行では人は別人になることが多く、国内で買い物をするときはお金の使い方には細心の注意を払っているかもしれませんが、すべてを忘れてつまらないものに夢中になってしまうようです。ここプーケットに長年滞在していると、人々が本当に楽しいお土産を買っているのを見てきましたが、飲んだりパーティーをしたりすればするほど、これらの品物は愚かなものになっていきます。それはまったく問題ありません。それは楽しみの一部です!ここにいくつかの例があります...これらのいずれかを自分で購入しましたか?

1. とんがり帽子

プーケットのとんがり帽子

タイ北部のリス山岳族が作ったこのとんがりカーニバル帽子は、ここで買える最も愚かな物品として金賞を受賞しました。おそらく家に帰ったら二度と着ることはないでしょうし、これを頭にかぶってバングラ通りを歩いていると、確かに酔った観光客のように見えます。関係ありますか?少しもない!とにかくそれがプーケットのすべてなので、楽しんでください。

2. ムエタイ ボクシングの短編

ムエタイ

多くの人がこれを購入します ムエタイ ショートパンツは、お店の棚にきれいに並べるとエキゾチックでカラフルに見えるからです。しかし、一度家で買ったもの(特にピンクのもの)を試してみると、家の公園でジョギングに行く前によく考えます。町。私たちはプーケットに何年も住んでいますが、これを履いて歩き回っている人を一度も見たことがありません。

3. 木のカエル

カエル

これらの木のカエルは、木の棒を背中でこすると、かなり説得力のあるカエルの鳴き声を出します。かわいくて面白くてばかばかしいこれらは、タイ全土、特にタイ全土で人々が購入する人気の観光土産の 1 つです。 バングラロード.

4. ビーチで買った楽器

楽器

あれはばかばかしい…それは「投票」と呼ばれるもので、何度か遊んで、結局は一生引き出しの中にしまっておくことになるだろう。とんがり帽子と同じようにプーケット産ではなく、タイ東北部(イサーン地方)産です。

5. シンハーシングレット

Tシャツ

プーケット (とパタヤ) の典型的なもので、観光客だけがこれを着ますが、暑いときは安くて便利で、タイに来る前に暑すぎるものを詰め込むだけです。

6. 缶ビールで作ったトゥクトゥク

トゥクトゥク

ここにあります トゥクトゥク リサイクルされたビール缶から作られています…そしてこれらは特にひどい出来です(とにかくバンコクのトゥクトゥクですが、プーケットにはこれらはありません)。これらのうちの 1 つを購入していただけますか?まあ、どうやらそうする人もいるみたいです!

7. 飛んでいる…もの

飛んでいる物

輪ゴムでそれらを空中に高く投げると、回転し、いくつかの LED ライトで速度を落として楽しみを加えます。数分間楽しめるので、お子様もきっと気に入るはずです。屋根に着地する悪い癖があるので、すぐに失くしてしまうでしょう。少なくともそれらのプラスチック製のものは安いです。夜になるとたくさん見かけるようになりますよ バングラ ウォーキング ストリート.

8. 寝心地の悪いハンモック!

ハンモック

ハンモックがあると、ハンモックを吊るした 2 本の雄大な木の陰で本を読んでいる怠惰な午後のビジョンがいつも呼び出されます。実のところ、体がバナナの形になるので、かなり不快です。とにかく、そのXNUMX本の木さえありません。

9. 貝殻で作った(ひどい)ボート

シェルボート

これらは貝殻で作られたボートです…付け加えることはありませんが、朝食前に 5 バーツを過ごすための 290 つのより良い方法が思いつきます。これらは次の場所で見られました。 ジャンクセイロンショッピングモール パトンビーチにて。
香りも良く、クローゼットに保管しておくことも可能です。

10. 花の形をした石鹸

プーケットのソープカービング

それらは実際にかわいいものである可能性があり、石鹸から彫るにはスキルが必要であるため、リストの最後にあります。香りも良く、クローゼットに保管しておくことも可能です。


地元のショッピングについてもっと読む!

プーケットのベスト ナイト マーケット 10 (更新)

プーケットで簡単に買えるベストお土産 11 選

プーケット サンデー ウォーキング ストリート マーケット

4.5 / 5-(23票)
b06ea781dbe62b692401e3ce5b8901ab?s=100&d=mm&r=g

私はずっと昔にフランスで生まれ、1994 年にプーケットに定住するまで早くから世界を旅し始めました。過去 30 年間、写真への情熱と好奇心が私をプーケット、バンコクの隅々まで、そして世界中のどこへでも連れて行きました。タイに行けるかもしれない。私の目標は、プーケット 101 を誰にとってもできるだけ簡単に利用できるようにすることで、旅行者の休暇の計画に役立つ私の発見、写真、ヒントを共有することです。